より取り締まりが厳しくなった賃貸物件返却時の現状回復

リフォーム

負担費用に関する注意点

賃貸の原状復帰は必要だけれども全て負担しなければいけないわけではありません。借りた人の落ち度で修繕が必要なら負担しなければいけませんが、経年劣化により修繕や交換が必要としているなら負担の必要はありません。貸主と話し合いをしてなぜ修繕が必要でどちらが負担しなければいけないのかを明確にしましょう。

設計

引越の際の豆知識

賃貸住宅の退去の際の費用を抑えるためには、原状回復工事を行う業者を、借主自ら手配するという方法があります。ただしこの場合、必ず貸主である不動産業者、管理会社、大家などの承諾が必要となりますので注意が必要です。

国交省によるルール作り

空室

不動産のルール厳格化

かつて不動産における様々なルールなどは、古くからのしきたりなどで運用されて来た側面があります。特に戦前から使用されてきた民法が基であって、長らくこれを基にまたその地域のしきたりのような物で運用がされてきたという経緯があります。ところが、不透明な運用が行われてきた部分でもあり、現状回復に関する部分でも敷金の返金における訴訟が頻発されるに至って、法律及びその法律の下でのガイドラインが定められるに至りました。国会で不動産物件における現状回復などのルールが明文化される見込みです。大家側や管理会社などもこのルールに則った対応を迫られてきます。したがって、制度が変わる点などをよく把握し、現状回復に関するところや関係する敷金などの部分を熟知しておくことが求められます。退去時に敷金の返金をほとんど行わなかった事例なども明記される見込みで、現状回復に関する規定がより明確にされる見込みですので、大家側においてもこの規定を知っておくことが重要となります。万が一の時に、今までのように敷金の返金を行わないことにおけるリスクの顕在化は、大いにあり得ることとなっていきます。その為、近年は、現状回復時に専門の業者に依頼する人が増加しています。借り主、大家だけでなく第三者の視点をもっている業者に依頼することでスムーズな現状回復が行えるからです。実際に業者に依頼する場合には、実績がある業者を選択すると安心して任せることができます。

リフォーム

知っておきたい常識

「現状復帰」という問題は、主に不動産の賃貸借契約の終了時に、敷金返還にからんで起こりやすい問題です。しかしこの「現状復帰」の義務は、文字通り契約開始時と同じ状態にしろというものではなく、あくまでも良識の範囲で使用していれば、特に回復の義務はないものなのです。