より取り締まりが厳しくなった賃貸物件返却時の現状回復

引越の際の豆知識

設計

工事の手配は自分自身で

賃貸住宅を借りている人にとって引っ越しの際に気になるのが、退去の際にかかる費用に関することです。引っ越しの際には次の住居の敷金礼金を始めとする諸経費や、引っ越し業者に支払う代金などが大きな負担になります。またそれ以外に、それまで住んでいた家についても費用負担が生じる場合があるので、これらを出来るだけ抑えたいと思う人が大半です。しかし通常のケースでは、現在借りている物件を管理している不動産業者、あるいは大家などの貸主が指定する方法に則り、言われるがままに代金を支払うことが大半です。しかしこれを少し工夫することによって退去の際の費用を抑えることができます。退去の際にかかる費用で大きな負担となるものとしては原状回復工事のための費用があります。例えば借り主側の過失によって床、壁、柱などに傷があったり、破損したなどという場合に、原状回復費用を請求されます。また、これらに合わせて清掃費用も負担する契約となっている場合が多くみられます。これらの原状回復工事にかかる費用は、敷金から差し引かれて相殺されるケースが大半です。しかし最近では、初期費用ゼロという物件もあり、退去の際に思わぬ費用負担となるケースも見られます。 基本的には現状回復工事は、貸主が指定する業者によって工事が行われます。しかし原状回復工事を、借主が指定する業者に行うと、費用を抑えることができます。しかし、勝手に行うわけにはいきません。原状回復工事をこちらで依頼することについて、貸主に承諾を得るという段階を踏むことが必ず必要となります。