より取り締まりが厳しくなった賃貸物件返却時の現状回復

負担費用に関する注意点

リフォーム

全て負担する必要はない

賃貸を引越しする際に大きな費用負担となるのが原状復帰にかかる費用です。賃貸は借りた時の状態にして返さなければいけませんので、原状復帰させることが必要で、その他の工事費用は借りた人が負担をしなければいけません。ただ、全ての工事費用を原状復帰として負担しなければいけないわけではないため注意が必要です。どこを負担しなくてもよいのかですが、それは過失がない部分です。フローリングの傷や壁紙の傷など、明らかに借りた人により発生した修繕に関しては負担しなければいけません。しかし、過失がなくても修繕を求められてしまった場合は、借りた人が負担するのではなく貸主が負担する必要があります。例えば、経年劣化により交換が必要とするお風呂やトイレそしてキッチンに関しては負担しなくても良いです。また賃貸の構造の問題によって発生したカビやその他の問題に関しても負担の必要はありません。原状復帰が必要だとしても必ずしも元通りの状態にする必要があるわけではなく、借りた人の落ち度によって発生した修繕の費用だけを負担すれば良いと覚えておくのがおすすめです。また、フローリングや畳そして壁紙はどんなにお手入れしていたとしても年数経過により劣化してしまいます。そのためどちらが負担しなければいけないのか曖昧になる場合もあるため、貸主と話し合いをして経年劣化により修繕や交換が必要なのかどうか、それとも傷により交換が必要なのかどうかをはっきりさせておきましょう。